時計|相模原市南区で金・プラチナ買取なら買取専門店ネオスタンダード  相模大野店

買取品目 時計
LINE査定のご案内

古くても、動かなくても、まずはご相談ください。その場で鑑定いたします

ネオスタンダードでは、ロレックス、オメガ、パテックフィリップ、パネライ、IWCなど高級時計ブランド・メーカーの時計はもちろん、カルティエ、エルメス、シャネル、ブルガリなどのブランド時計、アンティーク品や宝石付き時計まで、幅広く買取しております。

高級ブランドの時計であれば、古くても、動かなくても、壊れていても買取いたします。他店では断られてしまった品物でも、ぜひ、ネオスタンダードにご相談ください。

ネオスタンダードでは、社内に時計修理部門を設けており、買取店の店頭でも修理・オーバーホールのご依頼を承っております。お気軽にご利用ください。
時計修理工房ネオスタンダード

主な買取時計ブランド・メーカー一覧

ロレックス、オメガ、カルティエ他、人気ブランドは特に高価買取いたします。

  • ロレックス
  • オメガ
  • パネライ/PANERAI
  • IWC
  • ブライトリング/BREITLING
  • パテックフィリップ/PATEK PHILIPPE
  • ブレゲ/BREGUET
  • チュードル/TUDOR
  • ウブロ/HUBLOT
  • オーデマピゲ/AUDEMARS PIGUET
  • カルティエ/Cartier
  • ブルガリ/BVLGARI
  • エルメス/HERMES
  • フランクミューラー/FRANCK MULLER
  • シャネル/CHANEL
  • ピアジェ/PIAGET
  • ブシュロン/BOUCHERON
  • A.ランゲ&ゾーネ/A.LANGE & SOHNE
  • ショパール/Chopard
  • ショーメ/CHAUMET
  • グランドセイコー/SEIKO
  • ジャガールクルト/JAEGER-LECOULTRE

掲載のブランド・品名は買取品の例です。その他の品物もお気軽にお問い合わせください。

コラム:腕時計の基礎知識

腕時計の構造

オメガ シーマスター
ケース 時計本体を守る外側部分です。内部の機構はムーブメントといいます。
ベゼル 装飾的な要素も強い部分ですが、主にガラスを固定するという役割をしています。
ダイアル
(文字盤)
時計の顔とも言える部分です。
ベースは多くは薄い金属ですが、多様な素材により装飾が施されたものもあります。
ガラス
(風防)
サファイアガラスやミネラルガラス、強化プラスチックなどの素材が用いられ、内部を保護してします。
一部をレンズ状にしてカレンダーを見やすくしているものもあります。
ラグ(足) ブレスや革ベルトを付ける部分です。
リューズ
(竜頭)
時計の操作に使用し、ゼンマイを巻いたり、カレンダーや時刻を合わせたりします。
防水時計では内側にパッキンが入り、機密性を高めています。
インデックス 時刻を示すためのマークで、棒状の飾りやアラビア数字、宝石を使ったものなどあります。
カレンダー 文字盤に窓をつけ、日付や曜日を表示します。

ムーブメントによる時計の区分け

機械式

1970年代半ばまでは、腕時計は機械式が当たり前でした。ゼンマイを動力とし、テンプというパーツで時間経過を制御します。
ゼンマイと歯車で精密に構成された機械であり、3~5年に一度、定期的なオーバーホール(分解清掃)を必要としますが、これにより半永久的に使用することができます。
ゼンマイの巻き上げ方式により、さらに手巻き式と自動巻き式に分類されます。

手巻き式
一般的な手巻き式時計は、ゼンマイをフルに巻いて動き続けられるのは40時間ほどです。そのため、毎日リューズでゼンマイを巻く必要があります。
手間はかかりますが、その手間の分向き合う時間が多くなり、より愛着が沸きやすいことから、古くからの時計ファンには根強い人気があります。
自動巻き式
内臓されたローターが腕の動きによって回転し、その力でゼンマイを巻き上げます。
手の動きにより常にゼンマイが巻き上げられますので、使用している限りは、手でゼンマイを巻くことなく動き続けます。逆に、使用せずに数日放置すると、ゼンマイを巻き上げることができないため止まってしまいます。
現在の機械式時計はこの自動巻き式が主流になっています。

クォーツ式

電池を動力とし、内部の水晶振動子の振動によって時間経過を制御します。
機械式に比べ精度が非常に高く、大量生産によるコストダウンが可能なため、価格を安く抑えることができます。一般的に工業化が進んだ1970年代後半から普及しはじめました。
クォーツ式の時計も、動力の電池などにより、いくつかに分類できます。

電池式
最も一般的に普及している、電池を使って動かす時計です。おおよそ2~3年で電池を交換する必要があります。
発電式
動力は電池でも、発電・充電式の時計です。自動巻き式のように腕の動きによって、内臓されたローターが回転し、その力で発電、充電します。
日常的に使用している限りは、電池交換の必要がありません。
光発電式
「ソーラー・ウォッチ」とも「エコ・ドライブ」とも言われる発電・充電式の時計です。
やはり動力は電池ですが、文字盤に光を受けて発電、充電しますので、日常的に使用している限り、電池交換の必要がありません。
相模大野店の最新折込チラシ

買取の方法

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取
LINE査定のご案内

主な買取品目

  • 貴金属の買取品目
  • 宝石・ジュエリーの買取品目
  • ブランド品の買取品目
  • 時計の買取品目
  • お酒の買取品目
  • 切手・金券の買取品目
  • その他の買取品目
相模大野店地域情報
ティッシュ5箱プレゼント
日本流通自主管理協会